銀行は総量規制の対象外

銀行は総量規制の対象外

総量規制によって借り入れ金額が制限されるようになりましたが、それでもお金が必要だというケースも少なくありません。じつは消費者金融からの借金は総量規制の対象になるわけですが、銀行から借りる場合、銀行のカードローンの場合は法律の適用範囲外なのです。同じようなキャッシング機能でも、消費者金融の場合は総量規制が適用され、銀行ローンの場合は適用されない、という違いがありますので覚えておきましょう。

銀行は総量規制の対象外である理由

利用者の側からすれば、相手が銀行だろうが消費者金融であろうが、お金を借りることには変わりはありませんし、キャッシングの方法もほとんど同じです。しかし総量規制という法律は、貸金業者を対象にした法律ですから、貸金業者ではない銀行は対象外なのです。

対象となる貸金業者は、消費者金融、事業者金融、信販会社、クレジットカード会社などです。対象外となるのは、一般の銀行やゆうちょ銀行、農協などの金融機関です。この対象外のところからは、年収の3分の1を超える額であっても借りることは可能です。法律的には可能であっても実際に借りられるのかとなると、話は別ですが。

銀行は年収の3分の1以上にお金を貸してくれるのか

一般的に考えて、消費者金融よりも銀行のほうが審査が厳しく、ローンも組みにくいことが多いようです。つまり銀行以外の業者が見境なくお金を貸してしまわないように、総量規制という仕組みができたのです(消費者金融がすべて考えなしとか悪徳業者ということではありません)。

では実際に、銀行や農協などは年収の3分の1を超えてお金を貸してくれることはあるのでしょうか。多くないケースであるとはいえ、ないわけはありません。個人向けのローンは、金額は少ないですが銀行にとっては利益になる分野であり、審査の結果貸し付けることにしたとうケースもあるのです。急な出費に備えて、銀行のカードローンも利用できるように、カードを作っておくのがいいかもしれませんね。