総量規制で自己破産する人が減った

総量規制で自己破産する人が減った

総量規制によって、個人としてお金を借りられる金額が制限されるようになりました。これは消費者金融が貸したいと思っても貸せないケースが出てきたり、少々利息が高いとしても借りたいと思う人がいても、借りられなかったりするケースが出てきたということです。制限される側としては不便なものですが、社会的に有益な面もあります。総量規制によって自己破産する人が減ったのです。

総量規制が債務整理のきっかけに

多重債務によって身動きが取れなくなり、借金を返すために借金を繰り返し、どうにも手段がなくなって自己破産する。総量規制ができる前はこういうケースがたくさんありました。貸す側の消費者金融業者としては自己破産されてしまうと貸したお金が回収できないことになってしまうわけですが、そういうリスクがあってもどんどん貸し付けていったほうが利益が上がったのでそうしていました。しかし今はそれができなくなったのです。

総量規制によって借金額を制限されるようになったら、多重債務などの人はどうしたらいいのでしょうか。弁護士に頼んで債務整理するなどの手段を取ることができます。借金に借金を重ねて自転車操業することができないので、いっそ債務整理しようと思う人が増えました。その結果、自己破産しなくても生活を立て直すことができた人も大勢います。

弁護士の無料相談を活用

債務整理をしてみると、今までの借金の金利を払いすぎていたことが分かるかもしれません。このような過払い問題も大きく社会問題として取り上げられました。以前にグレーゾーンを利用して貸し付けていた消費者金融やクレジットカード会社にとっては大変なことですが、法律に則って計算し直した結果過払いが判明し、借金はいつの間にか払い終わっていたとか、お金をもらえたという人も少なくないのです。

総量規制によって、弁護士に頼るしか方法がないと思って相談した結果、良い方向に話が進むこともあります。無料相談の場も増えていますので、自己破産の前に利用してみるといいでしょう。